コバルトターコイズ(シュミンケ 509) コバルトターコイズライト(W&N191)

a0143756_21395977.jpg
色名:
シュミンケ 509 コバルトターコイズ
    W&N 191 コバルトターコイズライトに相当
    holbein  相当の絵具なし

顔料名   PG50
化学成分  コバルト、リチウム、チタン、亜鉛酸化物
透明度   半不透明 (不透明、半不透明、半透明、透明の4ランクの内)
粒子特性  粒状化とステイニングの中間     粒状化の意味についてはこちら

塗り見本全集についてはこちら →塗り見本60色 →塗り見本140色


この絵具の特徴は、際立った彩度強い着色力です。あり、少量で効く絵具です。青系の絵具としては不透明度も強い方です。


少量で効く、透明系の青や緑は、フタロシアニン系のブルーやグリーンがありますが(holbein w078 バンブーグリーン等々)、不透明系の青系で、ここまで、強い着色力をもつ絵具は、この1色しかなく、インパクトがあります。メーカーのデータによれば、半不透明ですが、着色力の強さが手伝って、印象的には不透明なイメージです。


日本画の岩絵具に、緑青(りょくしょう)という絵具があり、そのイメージがあります。岩絵具の緑青の方が、色相が黄色寄りで、柔らかな質感です。写実系の画面の中に、この絵具を、単色で投入すると、際立って目立ちます。強い着色力、高い彩度があるので、混色用としても個性を発揮します。


シュミンケ社と、W&N社を、比較すると、シュミンケ社の方が、一層、彩度が高く、より青み寄りの色合いです。


holbeinにも、コバルトターコイズライトという絵具がありますが、顔料名が、PB28 とありますので、かなりテイストの異なる絵具だと想像します。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


[PR]
by nzmaro | 2014-03-08 22:08 | 水彩絵具 | Comments(4)
Commented by 品川拓也 at 2014-06-14 22:05 x
コバルトターコイズ、私も気に入って使っていますが、同様の感想です。
すこし驚くとともに、嬉しかったです。
Commented by nzmaro at 2014-06-15 23:02
品川拓也さま
コバルトターコイズ、使ってるんですね。とても彩度が高いですよね。やっぱり、同様の感想を持ちましたか。品川さま、素敵な絵を出品されてますね。ブログも拝見したいです。
Commented by 品川拓也 at 2014-06-21 22:20 x
こばやしさま

お返事遅くなり、ごめんなさい。
嬉しいコメントありがとうございます。
ちょうどサイトを移転しまして、ブログと一緒になりました。

それにしても、こばやしさまの粒状化やステイニングの記事は目から鱗でした。
なんとなく感じていたことがはっきりして、また絵具について一生懸命考えられている方がいて嬉しかったです。

Commented by nzmaro at 2014-06-22 21:03
品川さま、訪問ありがとうございます。絵具についての記事がお役にたててうれしいです。しばらく、記事更新をしていませんが、また更新します。
<< バックランによる「ウォーターフ... 混色のコツ 水彩絵具の気質(粒... >>