美術用標準角度(standard angle for art)

動画 しろぬきプレートとは
動画  ぼかしの水彩 バラを描く(First stage)

しろぬきプレートの注文とお問い合わせ:
しろぬきプレート販売



美術用標準角度(standard angle for art)とは
a0143756_20432888.png
a0143756_20362034.jpg
1.6° 3.2° 6.4° 12.8° 25.5° 39° 51° 64° 78° 102° 116° 129°


特徴
視覚的に等間隔な角度数列
視覚的鮮明さ



視覚的に等間隔な12の美術用標準角度

美術用標準角度は、黄金比に由来した、12の角度からなる角度値の規格です。この規格によって、「しろぬきプレート」は、コンパクトな板に、広い角度範囲をカバーする、必要十分な種類の型を収めた、実用性の高い道具として実現することが出来ました。

なぜ、30°、45° ではないのか

30°や、45°、その倍数からなる角度は、n倍することにより360°となります。回転周期に親和性のある角度です。これら角度を絵に用いた場合、同じ位相を繰り返そうとする性質が、単調さをもたらし、引き締まり感と主張に欠けます。

視覚的に鮮明な 51° 39°

12の角度からなる美術用標準角度(1.6° 3.2° 6.4° 12.8° 25.5° 39° 51° 64° 78° 102° 116° 129°)は、すべて、51°と39°に由来しています。

51° 39° はどこから来たのか

黄金比から導いた角度です。黄金比(1:1.618)の長方形を2つ積み重ねた長方形(F型キャンバスの理論比)に対角線を設けると、51°と39°が生じます。この角度を基に策定したのが美術用標準角度です。
a0143756_20451733.jpg


絵画汎用型とは


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

デザイナーズ セレクトショップ
デジグス は こちら


[PR]
by nzmaro | 2015-04-14 13:43 | AGR DESIGN | Comments(0)
<< 絵画汎用型(general p... 井の頭池 桜 >>