白抜きプレートの効果的な使い方

”白抜き”によるハイライトは、”塗りのムラ”の少ない、”すっきりと平らに塗られた領域”に配置すると、はっきりとして見映えがよい、ということが基本的にあります。

◇◇◇

絵画表現は、ハイライトを目立たせることが全てではありませんから、

”塗りのムラ”のある領域や、様々な物が描き込まれた領域へ、”白抜き(ハイライト)”を配置することもあると思います。

◇◇◇

せっかくの白抜きプレートでの、ハイライト表現の効果を、落としてしまうのは、

●筆による塗り残し
●白抜き

この両方で行った場合です。

◇◇◇

”筆の運び”が残した痕跡(エッジ)によって、

”白抜き”の”エッジ”が、目立ちにくくなります。

◇◇◇

水彩絵具のエッジについて
片ぼかしをつくる



[PR]
by nzmaro | 2017-07-16 13:55 | 白抜きプレート | Comments(0)
<< ”白抜きプレート”使い方のポイント しなやかで有機的フォルムの表現... >>