水彩画用”白抜きプレート”のコンセプト

■水彩画用”白抜きプレート”のコンセプト■

⚫絵具の消し取り:”白抜き表現”は、ホワイト絵具のような絵具の質量を持たない表現なので、透明感のある”光”を表現できます。

⚫”マスキングインク”や”マスキングテープ”での”白抜き”は、画面に色を塗る前に、”白抜き”位置を決定する必要がありますが、”白抜きプレート”は、着色後、絵のイメージを見てから、任意の位置にハイライトを配置していくことができます。

⚫無色透明のプレートなので、絵柄を確認しながら”白抜き”の位置決めに集中することができます。

⚫薄いフィルム材なので、くっきりとした”エッジ(境い目)”のある”白抜き”を表現できます。

⚫”奥行きの感じを大切にした絵画表現”に親和する、洗練された”型”によって構成されています。

→ ”筆の穂先の尖り”に基づく”型”デザイン。

→ ”審美角度値”に基づく”型”のバリエーション展開。

→ 絵画表現で避けた方がよい”アボイドアングル”とは。



[PR]
by nzmaro | 2017-07-30 10:58 | 白抜きプレート | Comments(0)
<< 従来モデルからの変更点(白抜き... ”水彩画用白抜きプレート”を消... >>