カテゴリ:デモンストレーション( 13 )

水彩画用「しろぬきプレート」(樹木を描く)

動画  水彩画用テンプレート「しろぬきプレート」とは(5分)
動画  ぼかしの水彩 バラを描く(First stage)

しろぬきプレート販売



↓動画のデモでつかった、しろぬきプレートの板

a0143756_00085492.jpg


a0143756_00085755.jpg
AGR-DESIGNオリジナルの製品、水彩画用テンプレートシステム「しろぬきプレート」が完成しました。

透明水彩画の制作で、絵具の白によらず、研磨スポンジでの除去によるハイライトの表現を効果的にするためのテンプレートです。研磨スポンジだけでは表現出来なかった、ごく小さなシルエット、明瞭な輪郭のシルエットによるハイライト表現を可能にする、テンプレートです。
写実表現や自然描写を含む、水彩画一般に汎用することができる、透明で画面をさえぎらない、作業性の良いテンプレートです。
このテンプレートシステムには、全部で数十枚の板(プレート)があります。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

デザイナーズ セレクトショップ
デジグス は こちら









[PR]
by nzmaro | 2015-01-02 00:21 | デモンストレーション | Comments(0)

ぼかしの水彩 バラを描く(仕上げ)(最終 stage)

動画  楽しいしろぬき絵画 スノークリスタルa

水彩画用テンプレート「しろぬきプレート」とは



ぼかしの水彩 バラを描く(First stage)


ぼかしの水彩 バラを描く(Second stage)

ぼかしの水彩 バラを描く(Third stage)

最終stage、仕上げ段階の動画です。

a0143756_21271035.jpg


クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

東京都東大和市の水彩画教室
わかば水彩画教室
デザイナーズ セレクトショップ
デジグス は こちら
a0143756_21070406.jpg

[PR]
by nzmaro | 2014-05-23 19:34 | デモンストレーション | Comments(0)

玉川上水のケヤキ(エスキース)(1st stage)



この題材は、練習中ですが、こういうふうに描きました。

できあがったエスキースは、こちらになります。
http://nzmaro.exblog.jp/19795928/


クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

東京都東大和市の水彩画教室
わかば水彩画教室
デザイナーズ セレクトショップ
デジグス は こちら
a0143756_21070406.jpg


[PR]
by nzmaro | 2014-05-15 09:14 | デモンストレーション | Comments(0)

ぼかしの水彩 バラを描く(Third stage)

動画 水彩画用テンプレート「しろぬきプレート」とは



ぼかしの水彩 バラを描く(First stage)


ぼかしの水彩 バラを描く(Second stage)

ぼかしの水彩 バラを描く(仕上げ)(最終 stage)

水彩紙: アルシュ300g荒目
大きさ:     F6

a0143756_14020936.jpg
↑Third stage 後の状態


にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

東京都東大和市の水彩画教室
わかば水彩画教室
デザイナーズ セレクトショップ
デジグス は こちら
a0143756_21070406.jpg

[PR]
by nzmaro | 2014-05-13 05:53 | デモンストレーション | Comments(1)

ぼかしの水彩 バラを描く(Second stage)



ぼかしの水彩 バラを描く(First stage)

ぼかしの水彩 バラを描く(Third stage)

ぼかしの水彩 バラを描く(仕上げ)(最終 stage)


水彩紙: アルシュ300g荒目
大きさ: F6
動画は倍速で表示しています。

白紙への最初の絵具の投入が済んで、紙を乾かすところまでを(一応)First stage としています。Second stageは、その次での、絵具の投入作業のことになります。

今回、このバラの絵は、柔らかくフローラル(^^)な雰囲気で完成させたいと思います。
風景画の場合と異なり、Second stage に入っても、シャープな形状定義をさけています。
画面の中の、もっとも色の濃い(暗い)領域は、だいたい1カ所にしたいと思います。

Second stage は、明暗差を、なだらかなスロープで表現するため、淡く溶いた絵具を、何回も投入しました。明るい領域から、暗い領域まで、階調が連続的に変化するようにしました。くっきりとした描き込みは、最終の段階で、最小限に表現し、やわらかな雰囲気の良さをそのままに、完成にもっていきたいと思っています。

a0143756_23535601.jpg
↑写真
a0143756_21145474.jpg
↑Second stage の着色後の状態



動画 水彩画用テンプレート「しろぬきプレート」とは
ぼかしと白抜きでバラの水彩「サハラ’98」


にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

[PR]
by nzmaro | 2014-05-12 12:39 | デモンストレーション | Comments(0)

ぼかしの水彩 バラを描く(First stage)



ぼかしの水彩 バラを描く(Second stage)

ぼかしの水彩 バラを描く(Third stage)

ぼかしの水彩 バラを描く(仕上げ)(最終 stage)

水彩紙: アルシュ300g荒目
大きさ: F6


a0143756_18105352.jpg

動画 
ぼかしと白抜きでバラの水彩「サハラ’98」


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

[PR]
by nzmaro | 2014-05-11 20:50 | デモンストレーション | Comments(0)

ぼかしの水彩画 最初の着色 バラ(first wet in water)


↑前半の41分


後半の11分


にじみとぼかしで水彩画を描く方法に、大きく二通りがあります。
  
wet in wet color
●「ウォッシュ」がこの方法です。最初に、淡く溶いたたっぷりの絵具で着色し、それが乾かないうちに、2色目、3色目を、投入していきます。ウォッシュは、紙を立てかけて行います。傾斜した紙の上を、溶き絵具が下へ流れることにより、塗りムラがきれいに解消されます。ウォッシュは、素早く絵を完成させるのに向いています。
    
wet in water
●「置き水」の上に、溶き絵具を投入します。現在の私のやり方です。水を置いた領域が、見えにくいのが難しい点です。もちろん、2色目以降の投入では、必然的に、wet in wet color 状態 になりますが、紙面への、最初の投入の溶き絵具が、乾いた紙でなく、置き水の上に着水することが、この技法の特徴です。トーンの柔らかさと、揺らぎ感をつくります。仕上げ段階では、ダイレクトタッチ(乾いた紙面へ直接描く)を使います。
紙に投入するトータルでの水分量が多く、領域によっては、タプタプになります。紙は水平に置きます。上等な水彩紙、水張りでは十分な紙の浸水時間、水張り後にサイジング剤の塗布など、多量の水分に耐えるための、支度が必要になります。画用紙系の紙では難しいです。
   
永山裕子さんがこの技法です。2年前、永山裕子さんの絵を見て感動し、その頃油画を描いていましたが、こんな素晴らしい階調が出せるなら水彩画をやりたいと、水彩画に切り変えました。
   

初めての、着色の第一段階の全部を映したデモになります。動画は編集無しなので、考え込んで止まったり、一度作った色をやめたりなどしているところも映っています。

a0143756_00170692.jpg

↑鉛筆描きがすんだところ。

a0143756_00170908.jpg
↑着色第一段階(ファースト ウェット イン ウォーター)の乾き上が
 

クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

東京都東大和市の水彩画教室
わかば水彩画教室
デザイナーズ セレクトショップ
デジグス は こちら
a0143756_21070406.jpg


[PR]
by nzmaro | 2014-04-26 08:28 | デモンストレーション | Comments(0)

武蔵野 玉川上水のケヤキ(エスキース)

a0143756_15393381.jpg
↑1
a0143756_15440555.jpg
↑2
a0143756_15440918.jpg
↑3
a0143756_15441120.jpg
↑4
a0143756_15441366.jpg
↑5
a0143756_15441541.jpg
↑6
a0143756_15441834.jpg
↑7
描き進めるほど、面白みがなくなっていくという状況が、よく起こります。4、5までは面白みがありました。6は、ちょっとつまらなくなりました。多分、5で行った仕事に、その先、つまらい方向にかじを切っていく要素があったと思います。
写真を撮っておくと、時間軸から制作を俯瞰できるので、役にたちます。デジカメは便利です。

クリックをお願いします
にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

東京都東大和市の水彩画教室
わかば水彩画教室

デザイナーズ セレクトショップデジグス は こちら


[PR]
by nzmaro | 2014-03-19 15:57 | デモンストレーション | Comments(0)

武蔵野 玉川上水 11月

a0143756_07581458.jpg



武蔵野の土の色は、赤味を帯びています。関東平野一帯がそうなのかもしれません。武蔵野は穏やかです。赤土、武蔵野の雑木林、11月の日差しを表現しました。

アンドリューワイエスの、あの力強い、褐色を出してみたいと思いました。
この絵で、用いた技術や混色など、また動画のワンポイントレッスンで紹介していきたいと思います。

クリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

東京都東大和市の水彩画教室
わかば水彩画教室


お祝いのプレゼントに お部屋のインテリアに

a0143756_16510321.jpg



デザイナーズ セレクトショップ デジグスは こちら



クリエーターズマーケットCreema


[PR]
by nzmaro | 2014-03-01 20:07 | デモンストレーション | Comments(0)

玉川上水の森(3)制作過程

a0143756_23182671.jpg
紙をクタクタに濡らして
a0143756_23184948.jpg
a0143756_23191504.jpg
前回よりも、wetの状態で、絵具をたくさん投入できた・・いい感じです。
a0143756_23194974.jpg
次第に紙は、生乾きの状態に。もっとも絵がはかどるコンディションです。湿った紙の表面には、はじくことなく、筆の穂先が快適に接触します。
a0143756_23203014.jpg
トランス状態です(*^^*) 稀有な時間です。
 
a0143756_23211263.jpg
食事をはさんで、紙が完全に乾きました。
紙が完全に乾くと、表面がはじきやすくなる。気がつかないうちに、トランス状態がなくなって、微視的、変な描き方を始めています。
a0143756_23213667.jpg
凡庸な見方に陥っているのに、自分では気がついていません。
唐突に、細い枝をピロピロッと描き入れてみたり・・
a0143756_23221046.jpg
紙を張って、また描くことにしたいと思います。

デジタル画像が、簡単に撮影できる時代になって、絵の上達にもとても役立ちます。いちばんよかった、写真4枚目5枚目の状態に、意識が戻ることができます。

本当によかったのは、写真3枚目くらいかも。
ディティールに切り込む作業を、もっと後まで辛抱してみようか。

イラスト作業のような、ディティールに直接に切り込む描画作業の、一歩手前の、中間的な描出の作業、これになるべく、多くの時間をかけたいです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

わかば水彩画教室

デザイナーズ セレクトショップデジグス は こちら


クリエーターズマーケット






[PR]
by nzmaro | 2014-02-09 23:37 | デモンストレーション | Comments(0)