<   2012年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

7月の夕焼け空

a0143756_12395086.jpg
登場人物
明美: 批判的で辛らつなキャラクターとしての私。
maro: 研究熱心で、こだわり屋としての私。


明美:「オーッ、やばいじゃん、やばいじゃん。maroが描いたわけ?」
maro:「まったく・・言葉使いが変だよ・・そうだよ、今日描いたんだよ。」
明美:「とかいって、自分でもすごいと思ってるわけでしょ。」
maro:「うんまあ、自分にしては・・」
明美:「控えめなふりして。どうだすごいだろーとか言えばいいじゃん。」
maro:「本当は、もっと精細感を出したかった・・けど、ここまで諧調を表現できて、かなりがんばったと思ってる。」
明美:「クーラー切って窓閉めて、暑い中でやってたよね。ぶっとーしで」
maro:「ほんと暑かった。今度から、塩水をそばに置いておこうかと・・」
明美:「おつかれさん。今日の上手くいったポイントをどうぞ。」
maro:「今日は、始めに紙を濡らしてから、一度も乾かさずに描いた。板の芯まで濡らしたから、実は、まだ乾いてない。」
明美:「wet in wet ね。紙は?」
maro:「紙はアルシュ」
明美:「やっぱりアルシュね。」
maro:「アルシュ紙、性能高いね、やっぱり。」
明美:「で、ウンチクをどうぞ。」
maro:「今日は、ウンチクはいい。もう疲れたから。」
明美:「そのひたむきな向上心も、休み休みにしないと、辛くなるよ・・」
maro:「うん、でも面白いよ。アルシュ紙を半透明になるまで、くたくたに濡らして、wet in wet 最高に面白い・・」「そういえば、着色開始の前に、紙を濡らしたら、やっぱり波打った。それで、ホチキス抜いて、もう一回張りなおしたんだ。おかげで今日は、始終、波打つことの無い平らな紙の上で作業出来た。これはとてもよかった。今日は、板の芯までたっぷり湿らせたので、湿りがずっと持続した。wetの作業は、とても勝手が良かった。けど、今日はあまりに紙が乾かなすぎた。紙が乾いてから wet in dry でくっきり決めたい所もあったけど、ついに乾かなかった。今でも湿ってるからね。やっぱり、途中で休憩はさんで、2回に分けて描く方がいいかもね。」
明美:「だったら、クーラーつければいいじゃん。」
maro:「湿っている間に出来ることを全部やりきりたかったんだ。」
明美:「今日の絵は、本当にいいじゃん。疲れないようにほどほどにね。」
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
[PR]
by nzmaro | 2012-08-12 19:20 | 作品 | Comments(4)

青空に雲(練習)

a0143756_22325182.jpg

登場人物
明美: 批判的で辛らつなキャラクターとしての私。
maro: 研究熱心で、こだわり屋としての私。


maro:「雲を wet in wet で練習してみた。」
明美:「ふーん」
maro:「村田さんという水彩画家の-水彩画インフォメーション-というHPを見て、やってみた。」
明美:「・・・・」
maro:「まだ一枚目だからね、これが上手になったら、夕焼け空とか、ゆくゆくは、天の川とかオーロラのような表象だって、描いてみたい。」
明美:「楽しみじゃん」
maro:「あのさー少しは盛り上げてもらいたいよね。なんかもっと言うことないの?」
明美:「前回の絵と、紙変えた?」
maro:「よく分かるね。いきなり専門的な指摘。紙、変えたよ。アルシュ紙高いから、これはワーグマン紙。」
明美:「絵具の、紙への食いつき感が弱くて、紙の表面部分に顔料がのっている感じ」
maro:「まさしくそのとおり。アルシュ紙は、精密な金工ヤスリみたいなテクスチャだ。紙の繊維が硬くて、繊維と繊維の間の微細な溝の深さがとても深い。そこへ、水彩絵具の顔料が入り込む。顔料の粒をきれいに整然と並べて見せてくれるようなイメージだ。水彩絵具をまるで岩絵具みたいなテクスチャに見せてくれる。」
明美:「相変わらずの説明力じゃん。わたしには出来ないわ。」
maro:「絵じゃなくて、解説の方をほめてもらいました(*^^*)」
明美:「アルシュ紙の方が、いい色がでるよね。」
maro:「アルシュ紙、めちゃくちゃ高いんだよ・・でも、他には似た性質の紙は見当たらないんだけど・・」
明美:「練習だからね・・」
maro:「そうそう・・けど、今日はこの対談、盛り上がりがなかったね・・」
明美:「一枚目にしては、体を成しているじゃん。けど、なんか色が浅いのは、腕のせいじゃなくて、紙のせいじゃないかと・・」
maro:「ワーグマン紙に失礼だよ。プロだって使っている紙だよ。色が浅く見えるとしたら、それは腕のせいだ・・」
明美:「謙虚じゃん。」
maro:「そう。けど、今日は、盛り上がらなかった・・」
明美:「7月の源氏池(2) みたく、おもいっきし不器用な絵とかだったら、おもいっきし、けなしがいもあるんだけどね。」
maro:「まったく・・・・・」
[PR]
by nzmaro | 2012-08-07 23:25 | 作品 | Comments(4)