「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

新緑の源氏池(鶴ヶ丘八幡宮)

a0143756_2392651.jpg


明美: すごいじゃん。今日だけで描いたじゃん。
マロ: エスキース(練習)のつもりだったが、ここまで描いてしまったという感じ。
明美: 途中経過の絵までアップして、講師先生みたいじゃん。
a0143756_2353858.jpg

マロ: いや、まったく、自慢にも何もならない、途中経過で。
明美: じゃ、なんで出したわけ。
マロ: 「バックラン」という技法をためしてみたので。ブログ「画家 柴崎春通の制作日記」をみていたら、バックランという知らない言葉が出てきて、で、検索して調べてみたら、逆流という意味らしい。拡散する絵具が、他の拡散する絵具に押し返されて、逆流が起こり、結果、その境界に、ギザギザ線の、ちょっと汚い痕跡が現れるというものらしい。
明美: 汚いギザギザの線がいいわけ。
マロ: それは、好み次第だろうけど、濡れている絵具の上に、水をたらしたり、水だけの筆で描くと、絵具を両脇にどかして、白っぽい部分を作ることができるということがわかった。プロは結構利用している技術らしい・・
明美: ふーん。便利そうじゃん。

マロ: プロが駆使する水彩の技術はどれも、心臓に悪いものばかりで、「あわわわ!どーしよー流れ出したーー!」とか、「やばやば、にじんで、色が広がりすぎたぁーどーしよー」とか、そんな技術ばっかりだよ。
明美: で、そういうハプニングをバシバシ起こしながら、これくらいぜんぜんへっちゃらなんだよなー(内心ちょっと汗)で、どんどん絵つくりしちゃうんだよね。
マロ: なんだろーね。

明美: で、マロが起こした、バックランのハプニングの途中経過、完成の絵に、どう生かされてるわけ。
マロ: ちっとも活きちゃいないよ。・・・ただ、あえていえば、画面にいろいろなパターンが、生じた、そのおかげで、その先、書き進める抵抗感(恐れ)が、殆どなくなったせいで、今夜だけで、ここまで描いてしまった、ということかなー
明美: それ、ものすごい効能じゃん。迷わず、絵がどんどんかけちゃうんだから。今度から、バックランで、ギザギザの境界線、バシバシ作ってみたら。

マロ: はっはっは!たしかにそーだよなー・・・   ?? ・・そういえば、永山裕子先生の技法書を見ると、風景スケッチに際して、上にアップしてあるような、にじみやバックランのギザギザで下塗りした水彩紙を、あらかじめ用意して、その上に、すごくかっこいい風景スケッチを水彩と水彩色鉛筆で、描いていたな。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
[PR]
by nzmaro | 2013-02-27 23:46 | 水彩画 | Comments(2)

新緑の源氏池(デッサン)

a0143756_14572832.jpg

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
[PR]
by nzmaro | 2013-02-26 15:04 | 作品 | Comments(0)

玉川上水のクヌギの樹(水彩)

a0143756_1651246.jpg


明美: いーじゃん。同じ景色を描いた1枚目より、すごくいーじゃん。
マロ: うん、いーと思う。
明美: 本人として、未だ不満足な点は?
マロ: この絵については、今は何もない。よくやったと思う。
明美: おー!本人も完璧だと?
マロ: 完璧ということはないけれど、とてもいい絵になったと思う。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
[PR]
by nzmaro | 2013-02-24 16:15 | 水彩画 | Comments(0)

玉川上水のクヌギの樹

a0143756_11455349.jpg


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
[PR]
by nzmaro | 2013-02-23 11:46 | 作品 | Comments(0)

石神井公園のメタセコイアの樹(デッサン)

a0143756_1129122.jpg


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
[PR]
by nzmaro | 2013-02-22 11:33 | 作品 | Comments(2)

玉川上水の樹

a0143756_21321234.jpg

明美: いい絵になったじゃん。ちょっとスランプしてたから、会心の作になってよかったじゃん。
マロ: まったくそのとおりで・・
明美: うまくいった理由は?
マロ: 水彩の前に、鉛筆デッサンをしっかり1枚描いたから。それと、今回、構成要素の数めに少なめにしたから・・
明美: やっぱりデッサンね。
マロ: のようですね。デッサンの上で、確信が持てないまま、水彩画を描くというのは、紙の上の位置に対して、確信が持てないまま、迷いながら、描いているようなもの。私の場合、次に塗る色や、筆さばきの仕方、まだまだ、おそるおそる描いているわけで・・
明美: 正直じゃん・・
マロ: だから、それら色々、手探りをしている中の、形と位置の要素が、おおよそ解決していると、手探りしなければならないものの量が減って、はかどります。
明美: ふーん・・ ってゆーかぁー、水彩紙特有の、くっきりとしたエッジを効果的に効かせてるじゃん。エッジ表現にものを言わせて、塗りこみの量を減らして、すっきり表したじゃん。
マロ: 専門的な評価じゃん、ありがと。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
[PR]
by nzmaro | 2013-02-19 21:47 | 水彩画 | Comments(2)

玉川上水の樹木

a0143756_10233822.jpg


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
[PR]
by nzmaro | 2013-02-19 10:24 | 作品 | Comments(0)

武蔵野詠唱-冬の雑木林-

a0143756_14554911.jpg


明美: 一週間ぶりのアップじゃん。
マロ: この絵のほかに、ぼつになったのが3枚ほどあってね。
マロ: 少ない筆数で、濃い絵具で描こうとしてみたんだけれど、
明美: けど・・?
マロ: けど・・
明美: いーじゃんいーじゃん。かなり筆さばきが慣れてきてると思うよ。
マロ: かね・・
明美: 頭で考えるよりも、ただ、描いていきなよ。
マロ: 極意なこと言うね。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
[PR]
by nzmaro | 2013-02-15 15:14 | 水彩画 | Comments(0)

武蔵野詠唱-冬の陽光-

a0143756_2015168.jpg

明美: またタッチ変えたじゃん。油絵みたいじゃん。暖色系がいいじゃん。
マロ: 前作で、青や、透明系絵具を多用して、画面が弱くなったからね。今回は、褐色系中心、しかも粒子の粗い不透明系絵具。
明美: ってゆーかー、筆のタッチいいじゃん。筆さばきが、絵的でー、プロっぽいじゃん。
マロ: ありがと。不透明絵具で、筆で形を直接に切り出したり、筆のタッチを堂々と残してみた。
明美: こーいうタッチ、いいと思うよ。サッサッサって、軽快な感じ。サッサッサッ♪
マロ: あのさーそういうほど、簡単じゃなんだよねー
明美: わかるわかる、もちろんそうだよね。でもプロを目指すならさっ、サッサッサッ♪ サクサク描いた絵じゃなきゃね。で、次も冬の雑木林描くの?
マロ: いや、この絵、未だ未完成だよ。
明美: え、未完成?
マロ: まだ描くんだよ。これから。
明美: ちょっと待った!
マロ: は?
明美: やめときやめとき・・
マロ: 客観化して見るために、ブログにアップしただけ。
明美: てゆーかー、こういう感じの絵、数枚描いてみたら、マロは、いつも描きすぎるんだから。
マロ: まーそれもそうだか・・いいのかなぁ、こんな途中で・・
明美: 絵は、課題じゃないんだよ、学校時代のくせだよ、「うーん。○○君は・・もっと描きこみだな、描きこみ。それからー、このリンゴの見えない後ろ側まで、意識してる?形の回り込み、描いてる? 手数入れて、手数、、」
マロ: 明美、その物まね、まじリアルじゃん。
明美: 明美だって、アトリエ行ってたもん。
マロ: だったよな、そういえば、そんな言葉、よく聞かされてたよな、でもまー懐かしいよな・・

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
[PR]
by nzmaro | 2013-02-08 20:41 | 水彩画 | Comments(0)

武蔵野詠唱-1月の玉川上水-

a0143756_920736.jpg

明美: いーじゃん。こー技術も画風も、なんか、確立してきた感じで・・
マロ: ありがと。途中では、もっと良かったんだけれどなー。細部を描きすぎて、それから、描きすぎた細部の、洗い流しに終始しているうちに、全体に無難で平らなイメージになってしまった。昨晩は、かなりがっかりしていた。ほんと、背後の樹木を描いているときは、自分が、カミーユ・コロー になったんじゃないかとおもったんだけどなぁ。
明美: はっはっはっ! カミーユ・コロー。いーじゃんいーじゃん。本当にそう思った方がいいよ。マロは、カミーユ・コローだよ。
マロ: 相変わらず、肯定的だね。
明美: マロは、相変わらず、完璧主義ね。
マロ: かね・・次の絵に取り掛かるよ。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
[PR]
by nzmaro | 2013-02-08 09:22 | 水彩画 | Comments(0)