「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

混色-体質感のある深緑をつくる-

動画  

ぼかしと白抜きでバラの水彩「サハラ’98」

水彩画用テンプレート「しろぬきプレート」とは
  ぼかしの水彩 バラを描く(First stage)

a0143756_21130162.jpg

b(左側)の元の絵具
W&N    547 キナクリドンゴールド
シュミンケ 509 コバルトターコイズ(W&N 191 コバルトターコイズライト)
●シュミンケ 672 ウルトラマリンバイオレット

f(右側)の元の絵具
●W&N    547 キナクリドンゴールド
●シュミンケ 509 コバルトターコイズ(W&N 191 コバルトターコイズライト)
W&N   125 キャプトモータムバイオレット
   

オリーブグリーンや、サップグリーンなど、たくさんの暗色系のグリーンの絵具があります。これら暗色系の緑系、青系に共通しているのが、透明性が高く抵抗感が弱いことです。絵では、抵抗感も持たせるために、絵具に不透明性と粒子感を求めたい場面があります。テールベルトには、粒子感がありますが、透明で、着色力が非常に弱いです。オキサイドオブクロミウムは、完全に不透明ですが、ぺったりして深み感に欠けます。

武蔵野 玉川上水 11月が完成に近づいた時、すでに紙に置いてある緑よりも、材質感と濃さ(暗さ)、色の強さ(彩度)の点で、負けない(埋没しない)インパクトのある深緑でアクセントをつけたいと思いました。探して見つけた混色がこれです。

私の最近の絵の色調はゴールドトーンです(自分でそう呼んでいるのですが)。全体がオレンジ、黄土系です。その中で深緑として用いる色は、実際には茶色に近い色になっています。上に掲載の塗り見本は、三角形の中央部に3色の混色、三角形の辺の部分に、2色同士の混色を表してあります。

W&N    547 キナクリドンゴールド
シュミンケ 509 コバルトターコイズ(W&N 191 コバルトターコイズライト)
今回の3元混色は、上記の2色が基本です。

残りの一色、
■シュミンケ 672 ウルトラマリンバイオレット(左の混色での)
W&N   125 キャプトモータムバイオレット(右の混色での)
は、濃さ(暗さ)を補うために、使っています。

キナクリドンゴールド、コバルトターコイズ、この2色の混色による深緑が、透明感(深み)と粒状感(材質感、抵抗感)が両立した、とても面白い混色です。パレット上で混ぜていると、ゾクッとするほど素晴らしい感覚があります。

粒状感と不透明性のあるコバルトターコイズと、透明度の高いキナクリドンゴールドの2色により、体質(材質)感と透明感のバランスがとれます。また、コバルトターコイズがもつ、強い着色力と高い彩度が、混色によってできる深緑の中に、ギラっと底光りする発色として生きています。混ぜた結果、発色のパワーが死んでしまったわけではないのです。
混色の記事→混色のコツ 水彩絵具の気質(粒状化、ステイニング)も見てください。


絵の中で、この混色が使ってある場所

a0143756_22044601.jpg
a0143756_22044465.jpg

にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村



[PR]
by nzmaro | 2014-04-29 22:19 | 水彩絵具 | Comments(0)

ぼかしの水彩画 最初の着色 バラ(first wet in water)


↑前半の41分


後半の11分


にじみとぼかしで水彩画を描く方法に、大きく二通りがあります。
  
wet in wet color
●「ウォッシュ」がこの方法です。最初に、淡く溶いたたっぷりの絵具で着色し、それが乾かないうちに、2色目、3色目を、投入していきます。ウォッシュは、紙を立てかけて行います。傾斜した紙の上を、溶き絵具が下へ流れることにより、塗りムラがきれいに解消されます。ウォッシュは、素早く絵を完成させるのに向いています。
    
wet in water
●「置き水」の上に、溶き絵具を投入します。現在の私のやり方です。水を置いた領域が、見えにくいのが難しい点です。もちろん、2色目以降の投入では、必然的に、wet in wet color 状態 になりますが、紙面への、最初の投入の溶き絵具が、乾いた紙でなく、置き水の上に着水することが、この技法の特徴です。トーンの柔らかさと、揺らぎ感をつくります。仕上げ段階では、ダイレクトタッチ(乾いた紙面へ直接描く)を使います。
紙に投入するトータルでの水分量が多く、領域によっては、タプタプになります。紙は水平に置きます。上等な水彩紙、水張りでは十分な紙の浸水時間、水張り後にサイジング剤の塗布など、多量の水分に耐えるための、支度が必要になります。画用紙系の紙では難しいです。
   
永山裕子さんがこの技法です。2年前、永山裕子さんの絵を見て感動し、その頃油画を描いていましたが、こんな素晴らしい階調が出せるなら水彩画をやりたいと、水彩画に切り変えました。
   

初めての、着色の第一段階の全部を映したデモになります。動画は編集無しなので、考え込んで止まったり、一度作った色をやめたりなどしているところも映っています。

a0143756_00170692.jpg

↑鉛筆描きがすんだところ。

a0143756_00170908.jpg
↑着色第一段階(ファースト ウェット イン ウォーター)の乾き上が
 

クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

東京都東大和市の水彩画教室
わかば水彩画教室
デザイナーズ セレクトショップ
デジグス は こちら
a0143756_21070406.jpg


[PR]
by nzmaro | 2014-04-26 08:28 | デモンストレーション | Comments(0)

デジグスの新しい作家さん Cliftonさんのご案内

a0143756_21300440.jpg
楽天のデザイナーズショップ、デジグスに、新しい作家さんが加わりました。
アーティフィシャルフラワーの Cliftonさんです。贈り物、インテリアに、素敵なアーティフィシャルフラワーはいかがでしょうか。

デザイナーズ セレクトショップデジグス は こちら
a0143756_21070406.jpg


クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

東京都東大和市の水彩画教室
わかば水彩画教室


[PR]
by nzmaro | 2014-04-24 21:31 | メッセージ | Comments(0)

ブリヂストン社友会美術展

a0143756_21011366.jpg
〒187-0031 東京都小平市小川東町1-22-12 [MAP]
ブリヂストン小川駅前ビル
西部拝島線 小川駅下車3分


にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

東京都東大和市の水彩画教室
わかば水彩画教室
アーティフィシャルフラワーの作家さんが加わり、デジグスの作家は4人になりました。デザイナーズ セレクトショップ

デジグス は こちら

a0143756_21070406.jpg


[PR]
by nzmaro | 2014-04-24 21:13 | 日記 | Comments(0)